葉酸サプリメントは以前であれば「葉酸」のみを摂取するサプリメントでした。

しかし、現在では、葉酸以外にも多くの栄養成分が含まれているため、葉酸以外も手軽に摂取できるようになりました。

では、葉酸サプリメントに含まれている栄養成分は葉酸以外、どれが良いのでしょうか?

ビタミンB6

初めに紹介するのは「ビタミンB6」です。

理由として妊娠時の「つわり」を緩和する効果があるからです!

妊娠時は女性ホルモンのバランスが乱れる事で体内に大きな変化が生じ、つわりの症状が出ると言われています。一方で妊娠するともう1つ変化が起きます。

それはアミノ酸の1つである「トリプトファン」の代謝が思うようにいかなくなる事です。

すると、キサンツレン酸と言う成分が体内で増加し、体内で「キサンツレン酸をこれ以上処理できません!」と悲鳴を上げて、つわりが発生すると考えられています。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝を促進させ、つわりを軽減する効果が期待できますので是非とも摂取したい栄養成分です。

ビタミンB12

続いて「ビタミンB12」を紹介していきます。

ビタミンB12を摂取すれば「悪性貧血の緩和」「細胞分裂のサポート」を行ってくれます。

そもそも悪性貧血は不完全な赤血球、または質が伴っていない赤血球が原因とされています。もしそれらが血液中に入り込むと、血管を詰まらせる・正常な赤血球の活動を邪魔する・細胞に酸素や栄養が届かなくなります。

結果、悪性貧血につながるのです。

ビタミンB12は葉酸と一緒に活動する事によって、骨髄から生成された「幹細胞」から優秀な赤血球のもとを生み出します。そして、細胞分裂の際にも葉酸と一緒に活動を行い、正常な細胞分裂をサポートする優れものです!

ビタミンC

最後に紹介するのは「ビタミンC」です!

ビタミンCは主に「抗酸化作用」「鉄分の吸収力向上」の効果が期待できます。

確かに葉酸サプリメントを摂取すると1日に必要な葉酸を手軽に摂取できます。

しかし、体内で細胞や栄養素の活動を弱める「活性酸素」が大量にいますとせっかくの葉酸が100%の力を発揮できません!そこでビタミンCが入り込む事によって、活性酸素を除去して葉酸を含めた栄養素、そして細胞を活かす事ができるのです。

嬉しい事に、ビタミンCは鉄分の吸収を向上させる効果を持っていますので、妊娠前・妊娠中だけでなく授乳中の女性にとっても嬉しいですね!

最後に。

今回紹介した栄養成分の他にも妊娠前・妊娠中・出産後の女性に必要な成分はあります。

そちらについては、次回説明を行いますので一緒に見ていただけると幸いです!