妊娠したい女性なら誰もが気になる、妊娠するまでにかかる期間。

「赤ちゃんが欲しい」と夫婦で望んだ場合、一体どれくらいの期間を要するのでしょうか。

もちろん個人差はありますが、平均的にどれくらい妊娠までに必要なのか、知っておきたいですよね。

今回は妊娠を望む夫婦が、妊娠するまでにはどれくらいいかかるのか、まとめました。

妊娠する確率は想像以上に低い

妊活開始から妊娠に至るまでの平均期間はどれくらい?1

赤ちゃんが欲しいとなると、ほとんどの女性は自分の排卵日に合わせてセックスをして子作りをしようとしますよね。

もちろん、毎月の排卵日に合わせてセックスをすることは、大切なことです。

しかし、毎月きちんと排卵日に沿って妊娠しやすい日を分かっていても、妊娠する確率というのは始めから非常に低くなっています。

健康的な夫婦が、排卵日に合わせてセックスをしたとしても、妊娠する可能性はたったの20~30%と言われています。

それほど妊娠することは奇跡的で、珍しいことでもあるのです。この数字を見ると、妊活も長い目で見なければならないなという印象を持ちますね。

妊娠までにかかる期間はどれくらい?

健康な夫婦が毎月排卵日に合わせて子作りした場合、実際に妊娠するまでにかかる期間はどれくらいなのでしょうか。

これは女性の年齢にもよるのですが、子供を産む適齢期とされる20~35歳の間の女性の場合、約半年くらいが平均でかかる期間だと言われています。

しかしあくまで平均ですので、これ以上かかる場合ももちろんあります。

妊娠はタイミングや運も非常に関係しますので、1ヶ月ですぐ妊娠、なんてこともありますし、1年経っても妊娠しないままということもよくあります。

ですので、平均的には約半年かかるというのはあくまで目安にとどめておきましょう。

あまり平均値を意識して周りと比べてしまうのも、よくありません。

ストレスの原因にもなりますし、焦りの元です。妊活はなるべくおおらかな気持ちで望むことが大切です。

こんなデータも・・!

特に妊活をしていなくても、健康な夫婦が特に避妊をせずに結婚生活を送っている場合、自然に妊娠する確率は1年目で80%、2年目で90%というデータもあります。

妊活を意識していると、妊娠に意識が集中するのでまだかまだかとなりますが、特に意識していなくても健康的に夫婦生活を営んでいれば、そのうち妊娠するものかもしれませんね。

いずれにしても、妊娠は簡単にできるものではなく、奇跡が重なって起こり得ることです。貴重な命を授かったのなら、大切にしていきたいですね。