妊娠したいのなら、避けておきたい食べ物があることをご存知でしょうか。知らずに食べ続けて、気付かない間に妊娠しにくい体を自分で作ってしまうこともあるかもしれません。

妊活中の女性は、妊娠に向かない避けたい食べ物を知っておきましょう。

ご紹介する食べ物は、妊娠中にもなるべく避けたいものなので、妊娠を希望する女性は知っておいて損はありません。ぜひ参考にしてみてください。

生魚(寿司や刺身など)

マグロ

刺身や寿司などの生魚には、水銀が含まれます。

この水銀が、胎児に悪影響を与えてしまう可能性があるという報告が出て、厚生労働省からも妊婦が魚介類から水銀を摂取しすぎた際の悪影響を懸念する注意勧告が発表されました。

水銀を多く含むのは、生魚。特にマグロやキンメダイなどの深海魚や大型魚です。これらマグロやタイの刺身や寿司を食べ過ぎることは、水銀の過剰摂取に繋がりますので避けるようにしましょう。

ただし、魚介類には豊富な栄養素が含まれているのも事実。妊活中には生魚は避けますが、イワシやサバなどの川魚・小魚を中心に取るようにしてみてください。

生肉

生肉

魚介類と同様、生肉も妊活中にはなるべく食べない方がいい食べ物です。

生肉にはトキソプラズマという感染性の原虫がいます。このトキソプラズマのアレルギーにかかってしまうと目に悪影響が出てしまうのですが、妊娠しているともちろん胎児にも悪影響が出てしまいます。

現在は生肉を食べる機会が減りましたが、普段の調理方法からぜひ気をつけてください。

牛・豚・鶏、どんな肉類も生焼けだとトキソプラズマが完全に死滅しません。妊活中には生焼けの肉には十分な注意が必要です。また、調理をした際の生肉を触った手や調理器具などにも気をつけましょう。

カフェイン類

コーヒー

「コーヒーや紅茶などのカフェインが妊活によくない」というのは、よく聞く話ですよね。実際にカフェインがどう悪影響を及ぼすのか、ご存知でしょうか。

実は、カフェインには体を冷やす作用があるのです。妊娠したい女性にとって、冷えは最大の敵。体が冷えると子宮も冷やしてしまうので、排卵などの機能が低下してしまいます。

ただ、カフェインは少量ならそこまで問題はありませんので、一日2杯程度のコーヒーなら大丈夫でしょう。

最近では妊活中の女性向けの「ノンカフェインコーヒー」などもありますので、コーヒー好きの方はぜひチェックしてみてください。

冷凍食品やインスタント食品

インスタント食品

忙しい現代人には非常に便利な冷凍食品・インスタント食品ですが、妊活中には適していない食べ物です。

冷凍食品やインスタント食品には、「トランス脂肪酸」というものが含まれています。主に食品の味や品質を長持ちさせるために使われているのですが、心筋梗塞や狭心症になる可能性が指摘されています。

また妊婦さんがトランス脂肪酸をたくさん摂取すると、胎児の発育低下・体重の減少・ひどい場合には流産・死産の可能性まで出てきてしまいます。

冷凍食品やインスタント食品は極力避けるように、心がけたいですね。

 

これらの食品は、どれも妊活中にはなるべく避けたい食べ物となります。もう食べてしまった!という人も、今から気を付ければ問題ありません。元気な赤ちゃんを妊娠・出産するためにも、普段から健康的な食生活を心がけたいですね。