30歳以上で20~30%、40歳以上で約40%の女性が持っているといわれる子宮筋腫。良性の腫瘍で、自覚症状が少ないためほとんどの場合婦人科検診で見つかります。

子宮筋腫は、できる位置によって3種類に分けられます。約7割の人が子宮の筋肉の中にできる「筋層内筋腫」です。そして次に多いのが子宮の表面を覆っている漿膜の下にできる「漿膜下筋腫」、数は少ないのですが、症状が重くなる子宮内膜のすぐ内側に発生する「粘膜下筋腫」があります。

子宮筋腫は徐々に大きくなったり、数が増えたりすることがありますが、すべてそうなるとは限らず、自覚症状がないままに終わることもあります。しかし、子宮の内腔が変形してしまうくらいに重症の場合、受精卵が着床しにくくなるため、不妊原因になることがあります。

子宮筋腫の症状とは

30%e6%ad%b3%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%81%e6%b3%a8%e6%84%8f%e3%80%82%e4%b8%8d%e5%a6%8a%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%ab%e3%82%82%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%80%8c%e5%ad%90%e5%ae%ae%e7%ad%8b%e8%85%ab%e3%80%8d

子宮筋腫があっても特に自覚症状がないという人も多いのですが、実は症状が出ていることも。子宮筋腫で最も多い症状は、月経血の量が多くなる過多月経です。これは他の人と比べる機会がないため、自分では量が多いのかどうか判断しにくいものです。

過多月経は血液検査によって貧血があるかないかで判断することができます。疲れやすかったり、朝起きるのがつらい、動悸や息切れがするなどの貧血の症状は単なる貧血で終わらせてしまいがちですが、筋腫による貧血も疑われます。

過多月経が起こりやすい子宮筋腫のタイプは「粘膜下筋腫」です。大きくなってくると「筋層内筋腫」でも貧血は起こります。漿膜下筋腫の症状は、膀胱の圧迫や頻尿、腹部の膨満感などが主な症状です。子宮筋腫が原因の月経困難症や腰痛などはあまりおこらない傾向があります。

子宮筋腫の症状が全く出なかったとしても大きな筋腫がある場合、妊娠した時に流産や早産を起こしやすくなります。また分娩中に産道通過障害を起こすこともあります。これから妊娠・出産を考えている人は、一度子宮筋腫の検査を受けておいたほうがいいでしょう。

子宮筋腫の原因とは

子宮筋腫の原因は、実ははっきりしていません。ひとつだけわかっているのは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が増えると筋腫が大きくなるということです。その理由として、初潮を迎えていない、あるいは閉経後の女性には筋腫が発生したり大きくなったりすることがないからです。

そのため、反対にエストロゲンの分泌が活発な時期に発生しやすく、たとえば妊娠中に大きくなり、出産後には小さくなることもあります。

エストロゲンの分泌量は個人差があるため、どのタイプの人が子宮筋腫になりやすいのかということはわかりません。ですから発生を予防したり、筋腫が増大することを防いだりする方法もないのが現状です。