妊活は長くなればなるほど、ストレスがかかってきます。

気持ちに余裕がなくなり、追い詰められている女性も非常に多いのです。

今回は妊活するに当たって、どうすればストレスを少なく、無理なく続けていけるのかを考えてみましょう。

妊活中のストレスに悩む女性や、その周りの方たちはぜひ参考にしてみてください。

とにかく無理をしないこと!

妊活は、続けていくうちに「義務化」してしまうことが多いようです。

「赤ちゃんのために○○しないといけない」

「妊娠するためには○○したらいけない」

と自分で勝手に制限してしまい、ストレスが溜まっていることが多く見られます。

妊活はとにかく無理をしないことが一番です。

たまには我慢しているお酒を飲んだり、我慢していた夜更かしをして、自分の時間を作ってください。

疲れやストレスは、妊活の最大の敵です。

まずは自分自身が楽しく、前向きに暮らせる環境を作ることが大切です。

%e8%be%9b%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e7%84%a1%e7%90%86%e3%81%af%e5%8e%b3%e7%a6%81%ef%bc%81%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%a7%e5%a6%8a%e6%b4%bb%e3%82%92

一度妊活から離れてみる

妊活に悩んだら、一度妊活から離れてみるのもおすすめです。

通院している人は、もちろん通院も一度やめてみましょう。

思い切った行動かもしれませんが、これが案外いい息抜きとなるようです。

排卵日にこだわらずパートナーとのスキンシップを取れるようになり、気持ちにも余裕ができたというご夫婦が多いのも事実。

日付に縛られた子作りは、愛情よりも義務を感じてしまい、まるで子供を作る作業のようになってしまいがち。

また、食生活や生活環境もきっちりしすぎると、体を休めるときがなくなってしまいます。

息抜きのためには多少の妥協も大切ですが、それができないのであれば妊活を一度休憩してみましょう。

急いでも妊娠には繋がりませんし、離れてみて始めて分かることもあるかもしれません。

特に妊活をしていない方が妊娠しやすい?

妊活を一度中断したり、妊娠自体を諦めた方に多い意見が「妊活をやめた途端に妊娠した」という意見です。

妊活を意識した生活よりも、自然妊娠で、流れに任せて生活している方が妊娠したというので驚きですね。

これまで頑張ってきたのは何だったのかと感じてしまうかもしれません。

妊活をしていると、やはり男女共にプレッシャーや義務感を感じてしまいます。

周りと比べて焦ったり、ストレスもありますし、先の見えないゴールを追いかけて無駄な疲労さえ感じることがあります。

しかし、それらは妊活どころか、妊娠を遠ざけてしまっている原因になっているのです。

妊娠は、パートナー同士が精神的にも安定し、健康であって始めて成り立ちます。

妊活で辛い思いをするのなら、妊活のあり方を見直してみることも大切です。