妊活中に気になるのが赤ちゃんの性別。健康ならどっちでもと良いと思っていても、やはり最初は女の子または男の子が良いと思ってしまいますよね。そんなときに気になるのが産み分け方法かと思います!でも、産み分けってどんな風にするのか気になりますよね!

そこで今回は”男女の産み分け方法、排卵日と精子量がキーポイント”をご紹介していきます!
“産み分けしたいけどどうすれば?”
“簡単にできるの?”
そんな疑問を感じてる方にオススメの内容になってますので最後までよんで参考にしてくださいね!

赤ちゃんの性別はどうやって決まるの?

そもそも赤ちゃんの性別はどうやってきまるのでしょうか?それは卵子に受精した精子の種類によって変わってくると言われてます!
ちなみに精子にはXYという染色体があり、卵子にはXという染色体があります。例えば、Xの精子が卵子と結合した場合はXXの染色体で女の子になり、逆にYの精子が卵子と結合した場合はXYの染色体で男の子になると言われてます。
なので、受精するときの精子状態で赤ちゃんの性別が変わるということなんです!

精子だけじゃない!排卵日も産み分けには欠かせません!

精子だけではなく、女性の排卵日も産み分けには欠かせないと言われてます!というのも女性の膣内は通常酸性ですが排卵日になると酸性度が薄くなるためY精子が活発に動きます。この時に受精し着床すれば男の子の赤ちゃんになります。

逆に排卵日より前の酸性の強い時にセックスをした場合は、排卵日まで酸性が強い中で精子が待たないといけないため、Y精子が減りX精子のみが残りやすくなりこのまま受精し、着床すれば女の子になる可能性があると言われてます!このことから排卵日を基礎体温や検査薬で知ることが産み分けで大事ということになるのです!

男の子の産み分け方法

赤ちゃんの性別の決め方がわかったところで実際にどのようにして産み分けするのか紹介していきます。まずは男の子から!

禁欲しつつ排卵日直前にセックスをする

男の子が欲しいなら、Y精子が必要になります。このY精子は酸性に弱いので排卵日2日前に性交してもY精子が生き残れない可能性があります!なので子作りをするなら排卵日の当日かもしくは前日にするのことが大事と言われてます。

また、実は男性の精子量はY精子の方がX精子よりも多いので3日程禁欲して性交することがより男の子を生むことができるそうですよ。

女性が気持ちよくなる(オーガズム)性交を目指す

女性が気持ち良いと感じると子宮頸管よりアルカリ性の子宮頸管液が分泌され、酸性の膣内が中和されます!
また、この時にできるだけ膣の奥で射精することも一つの手とも言われてますよ!

前回の記事⇒子作りに最適!?/オーガズムに達したほうが妊娠しやすくなるって本当?

男の子用のゼリー使う

膣内の状態も人によって様々だったり、なかなか気持ちよくなりにくい体質の人もいると思います。そんな時は膣内を酸性を調節してくれるゼリーを使うのもいいですよ。

女の子の産み分け方法

次は女の子についてご紹介していきます!女の子が欲しいママさん参考にしてくださいね!

排卵日の2日前がチャンス

妊娠するためには排卵が欠かせません。本来なら、排卵日やその前日に性交を行うと思います。

しかし、先ほどもご紹介したようにX精子よりもY精子が多いので女の子を望む場合はX精子をより多く残さないといけません。
実はX精子は酸性に強く、寿命も長いので排卵と思われる2日前に性交することでY精子よりX精子のほうが排卵日に多く残っている可能性も高いといわれています。

性交はあっさりと精子量が少なめにしておく

男の子の産み分けは精子量を多めにするのに対して、女の子の産み分けは精子量を少なめににすることが大事になってます。というのも、Y精子のほうがX精子より多いので数少ないX精子の比率を上げることが女の子を授かるポイントになってます!

また、あまり女性が気持ちよくなりすぎると膣内がアルカリ性になってY精子が生き残りしやすくなってしまいますのでなるべく、あっさりした性交をすることがX精子を優位にする方法ともいえます。酸性の膣内を時間を延ばすということで浅めに射精するようにしましょう!!

女の子用ゼリーを使う

男の子用ゼリー同様に女の子用ゼリーもあります。なかなか思い通りに産み分けできるタイミングがないとかのときに使用するといいですよ!

不安な場合は一度病院で相談してみてはどうでしょうか?

以上が女の子の産み分けになります!男の子も女の子も産みわけどおりに行うとおよそ70%の確立でそのとおりになるそうです。

でも、あまりがんばりすぎるとなかなか妊娠しにくくなるということもありますので、参考程度に産み分けをしてみてはどうでしょうか?

男女の産み分け方法!精子量と排卵日がキーポイントのまとめ

いかがでしたか?今回は”男女の産み分け方法”をご紹介しました!あたりまえのことですが、男女の産み分け方法は絶対ではありません。思いとおりにならなくても大丈夫な心構えで試すことを忘れないようにしてくださいね!

また、産み分け方法には旦那さんの協力も不可欠ですので旦那さんとどのような家族を計画するのかよく話し合うことも大事になってきますのでよく夫婦で話してみてくださいね!!