私はこんな事で傷ついた!逆に、もしかしたらなにげない言動で妊活中の女性を傷つけてしまっているのかも?

そんな事にならない為に、妊活中の女性の傷ついた言動や行動などを調べてみました。

もしかしたらあてはまる言葉もあるかもしれませんよ!

妊活中の女性が共通して思う事

例ですが…

    • 知り合いの妊娠や出産報告に喜べない
    • SNSなどで妊婦の友人達のお腹の大きくなった写真を見たくない
    • テレビなどで特集しているパワースポットや風水に興味を持つ
    • 友達などから送られてくる年賀状の子供の写真にも嫌な気分になる
    • 生理がきてしまった自分に慰めのご褒美をあげる
    • 毎月無駄に期待をしてしまい、出産予定日を計算してしまう
    • 新婚の友達に「子供は欲しくてもすぐにはできないよ」とアドバイスをする
    • 基本的に「諦めたとたんにできるよ」という話は信じない
    • ネットで検索しすぎて知識だけがどんどん増えていく
    • 友達からの妊娠報告メールには、素直には喜べないが、とても明るく返信メールをする
    • 明らかに生理開始の出血なのに、鮮血で大量出血になるまでは信じない
    • フライング検査の為に検査薬を買いすぎて、金欠になる
    • マタニティーマークに敏感になる
    • もう期待する事に嫌気がさして、諦めたふりをして基礎体温測定を止めてしまう
    • 旦那の実家への帰省がとても憂鬱になる
    • 結婚して何年も子供のいない芸能人に仲間意識が強くなる

     

    妊活中に傷ついた周囲の人達の言動

    • 「子供はまだなの?」
    • 「早く産んだ方がいいよ」
    • あいさつ代わりに「まだ?」と聞かれる
    • 「歳とってからの妊娠は大変だよ」
    • 「病院には行っているの?」
    • 「男性の不妊症って知っている?」など…

    または…

    • 「がんばって」
    • 「大丈夫だよ。すぐにできるよ」
    • 「私は簡単にできたよ」
    • 「そんな思い詰めなくてもいいんじゃないの?」
    • 「焦るのがよくないよ」など…

    または…子供が1人の場合

    • 「2人目は?」
    • 「兄弟は絶対いた方がいいよ」
    • 「1人っ子はかわいそう」
    • 「1人っ子はわがままになるよ」

    などさまざまな例があります。

     

    またはこんなエピソードもある様です!

    • ベビー用品・出産関連グッズのプレゼント

    妊活中の女性には赤ちゃん関連グッズをあげてはいけません。普通に考えればそんな事わかりきった事ですが…中にはいるようです。

    赤ちゃんがほしいのにどうして?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、「早く問題を解決してその後○○してね」系の贈り物は、全く問題解決の手助けにはなりません。

    しかも、それは見ているだけでもストレスになります。

    例をあげると…

    バスケットが好きだけど、膝を怪我してできない人にバスケットシューズはプレゼントしませんよね。

    その辺りを理解できない人達が一定数いるようです。とらえかたでは、嫌がらせかな?と思う女性も絶対います。

     

    絶対にこんな事私はしない!というエピソードも中にはありましたが、もしかしたら軽い気持ちで悪気はなくつい言ってしまう事もあるかもしれません。仲の良い友人や知人を傷つけない為にも知っておいた方が良いですね。