「妊活」という言葉が主流になり、芸能人や著名人でも妊活します!という報告をするようになりましたね。

今や妊活は広く世間に知られ、その理解も大きくなってきました。

しかし、妊活中の女性の多くが思い込んでいるのは「妊活すればすぐに妊娠する」ということです。妊活はイコール妊娠ではなく、すぐに妊娠に結びつくわけではないのです。

「妊活すればすぐ妊娠する」は嘘?

妊活の大きな落とし穴!妊活すればすぐに妊娠するわけではない1

妊活とは、つまり子供を作るための準備期間です。子供ができるには、様々な条件が必要ですよね。

その環境を整えていくのが妊活なのですが、妊活を始めたからと言ってすぐに妊娠に結びつくということではありません。

多くの女性が思い込んでいるのですが、「排卵日に子作りしたのに妊娠しなかった」「葉酸サプリを飲んでいるのに妊娠しない」という意見は少し間違っています。

妊娠するということは、簡単なことではありません。大変難しく、複雑で、奇跡的なことです。そこを十分に理解してから、おおらかな気持ちで妊活に望むのがベストです。

妊娠するための条件とは

妊娠するには、まず女性側のコンディションが重要です。毎月定期的な排卵がないと、妊娠はできません。

また、風邪や病気のない健康的な体であればあるほど、妊娠はしやすくなります。

そしてメンタル部分も大きく影響します。ストレスがなく、毎日前向きな気持ちで生活できていると、女性ホルモンも活発に分泌されます。

これら女性側のコンディションに加えて、実は男性側のコンディションも非常に大切です。夫婦共に健康であること・そして受精のタイミングが重なり、やっと受精し妊娠へと繋がります。

妊活して、すぐに妊娠しなくても焦らない

妊活していると、周りの女性の妊娠・出産に非常に敏感になりますよね?

同じ時期に妊活を始めた女性が先に妊娠したり、年下の後輩が出産したり…。どうして私だけ妊娠しないの?とお悩みの女性も多いと思います。

しかし、妊娠とは先にも述べたようにタイミングが非常に重要です。

個人差があって当然ですし、妊娠するタイミングなんて誰にも分かりません。

1周期あたりに妊娠する確率は、なんと20%程度だとも言われています。ですのでなるべく周りと比べずに、自分達夫婦のペースで妊活の時期を過ごせるといいですね。

妊活の時期が長くなると、それが義務のようになってしまいますので、できるだけ妊活を楽しめる工夫をしながら過ごすのが理想です。