あなたは毎日基礎体温を測っていますか?基礎体温を測ることは妊娠したい女性が第一に行わなければならない行為です。もし、測っていないなら、ドラックストアに行って婦人用の体温計を買ってきましょう。
基礎体温は生理周期と排卵日を予測するためにとっても大事なことです。元気な赤ちゃんを授かるためには、めんどくさいなんて言ってられませんよね♪

基礎体温は 見えないお腹の中の様子を 予測していくために最も基本的なことです。 妊活中の女性の皆様にとって 非常にたくさんの情報を保有してします。女性の基礎体温は病気等の異常がなければ、0.3℃~0.5℃の間で生理周期毎にある程度決まった法則が見られます。
生理の後、一定期間低温期があり、低温期から高温期に移行する時期に排卵があって、 高温期が継続した後にまた生理になって基礎体温が低くなります。日々基礎体温を基礎体温表に記載していくことにより、 大体の排卵日予測をする事で タイミング法などが 可能になります。

☆基礎体温はいつ測るのがいいの?

基礎体温は人が必要最小限の動きをしている時に測るのが良いとされています。必要最低限の動きってイメージつきますか??それは、睡眠中です。眠っている間に 基礎体温を測定することが何よりも確実なわけですが、 寝ている場合には自分で体温を測れちゃう人なんていないですよね?

私できる!って人はこっそり教えて下さいw出来ない人は朝、目が覚めて、布団から起き上がる前に、 布団の中で基礎体温を測って下さい。

☆準備するものリスト

基礎体温を測るために必要なものリストをまとめてみました。
婦人体温計

②基礎体温表orスマホ

たったこれだけです!基礎体温表は、ドラックストアで200円~300円程度で買えますが、スマホのアプリのほうが楽チンです♪スマホで記録する場合は「ルナルナ」「ラルーン」で検索して下さい。この二つのどちらかのアプリがあれば問題ないでしょう。私は見やすくて使いやすいラルーンを使っていました。

婦人体温計もドラッグストアで、1000円~3000円程度で買えます。値段の違いについては、婦人用体温計では口で測りますが、安いものは、5分かかります。それなりの値段の物は20秒で終わります。私は朝から5分も咥えたくないので、20秒のタイプを使用していました。確か2千円台だった記憶があります。あと高価な体温計は過去の記録等を記憶してくれるタイプもありますが、スマホがあれば必要はありません。

☆基礎体温の測り方

(1)寝る前に、枕の上に、 婦人体温計、 基礎体温表orスマホ を置いて寝る。
(2)翌日の朝、起きたら一日の活動をスタートする前に、 布団の中で体温計を舌の下(裏筋)に挟むようにして基礎体温を測ります。

※誤差が出ないように、可能な限り毎日、 同じ時間に測って下さい。

☆基礎体温表の記入方法

カレンダーの日付を記入 ・基礎体温を記入 ・生理があった日を記入 ・性交があった日は記入 ・出血や異常があった日などは、 備考欄に記入 基礎体温の点を線で繋いでグラフにすると、 低温期→体温が一度下がる日(陥落日) →高温期→低温期→・・・ といった生理周期が グラフとして目に見えてきます。イメージ的には下図を参照して下さい。

基礎体温

低温期から高温期に変わる日が、 排卵日の目安となります。 生理周期が安定しているのであれば、 翌月以降は排卵日の予定がわかるようになります。

◆妊娠しやすい日を見つけて子作りをしよう

卵子が生存している時間はどのくらいかご存知ですか? 卵子の寿命は排卵してからだいたい24時間といわれています。 精子の寿命は1週間ですので、 子作りするタイミングとしては、 排卵日+前後2日間の合計5日間がタイミングとしては理想的です。例えば今月の排卵日の予測日が15日だとすると、13日~17日の間で仲良くすると妊娠しやすい日と言えますね♪旦那さんにも頑張ってもらってくださいね。

基礎体温を毎日測ることは、健康な赤ちゃんが欲しいと思う女性にとって大切なファーストステップなので、 忘れずに継続して下さいね。それに基礎体温表を記録していると、お医者さんに対しても貴重なデータとなり、 あなたの体質や不妊症の種類などを把握する材料にもなります。

不妊検査を受ける場合も、 この基礎体温表を持っていくと、 診察はより的確になりますし、 症状の聞き取りも円滑に進みますよ。

今回は妊娠しやすい日を見つけるために大事な基礎体温の正しい測り方を紹介しました。

最初は毎日記録を付けることはめんどくさかったり、忘れてしまったりするかもしれませんが、赤ちゃんのために最初は特に意識して基礎体温を測ってみて下さい。