前回の記事では子宮に問題がないか?ホルモンバランスに問題はないかチェックしてもらいました。あなたの結果はどうでしたか?

子宮に問題はない?/自分の妊娠力をチェックしてみよう!

ホルモンバランスは問題ない?/ 妊娠しやすい体作りを

「子宮にもホルモンバランスにも問題ない」なのに赤ちゃんできない・・・。そんな思いをお持ちかもしれません。
赤ちゃんができない原因は、もしかしたら、何気なく行っている生活習慣のせいでなかなか妊娠しにくくなっている可能性もあります!

そこで今回ここでは”生活習慣に問題は無いかチェックしよう”をご紹介していきます!自分の生活習慣を見直して妊娠力をUPしましょう!

ストレスたまってない?生活習慣見直して健康と妊娠力をGETしよう♪


では、早速生活習慣のチェックポイントをご紹介していきます!こちらもホルモンバランス同様に3つ以上当てはまったらすぐにでも生活習慣を見直しましょう!

朝食を抜いてしまうことが多い


朝は忙しくて珈琲や水しか飲まないという人もいるのではないでしょうか?きちんと朝食をとるようにしないと、冷え性になってしまい免疫力が低下し、ストレスがたまったままになり、そこから卵子の質が下がってしまうこともありますので朝ごはんはしっかりとるようにしましょう!といっても、朝がは時間もないし、何種類ものおかず作るのはちょっと・・・。と思いますよね。

そんなときはおみそ汁や野菜スープなどをつくって飲むのもいいですよ!朝時間なさそうなときは前日に作っておいておけば暖めるだけでOKなのでおすすめ!!ミネストローネなんかいかがでしょうか?毎日朝ごはんを食べて免疫力UPを目指し、妊娠力をあげましょう!!

夜更かししてしまう


あなたは普段何時に寝ていますか?実は夜更かしや睡眠不足は卵子の質にも影響を及ぼすといわれています!以前、妊活には自律神経がものすごく大事ということをご紹介しました!
この自律神経のバランスが壊れてしまうのは夜更かしや夜型生活なんです。本来人間は夜寝る生き物です。その寝ている間に昼間活発に動かした体の神経を(交感神経)を休ませるために睡眠中は副交感神経というものが働いています。

しかし、夜遅くまでおきていると交感神経が休むことができないので、ずっと交感神経が動いている状態になってしまうのでそれがきっかけで自律神経が崩れてしまうのです。

また、睡眠するときにリラックスした状態で睡眠をとるようにしないと活性化酸素によるストレスで卵子に悪影響を及ぼすといわれています!なので、毎日決まった時間(夜10時くらいが好ましい)に寝るようにしたりイライラするときはお風呂に入ってリラックスした状態で寝るように心がけることが大事になってきます!

運動不足気味


最近運動していますか?現代では、ネットで買い物ができたりお仕事も座っての仕事が多いため「そういえば最近運動してないな」なんて思う方もいるのではないでしょうか?適度な運動することで、血行促進や自律神経やホルモンバランスを整えてくれますので簡単な運動でかまいませんので運動をするようにしましょう!

「どんな運動がいいの?」って思いますよね。激しすぎる運動は逆にホルモンバランスを崩してしまう可能性もありますのでヨガやウォーキングなどがいいですよ!
たまにするのではなく、できれば毎日続けられそうな運動が妊娠力UPの近道ですので、ウォーキングであれば会社の帰り道一駅あるくなどするといいですね!自分のできる範囲で運動不足解消するようにしましょうね^^

好き嫌いが多い


どんなに、卵巣や子宮が健康的でも食生活が偏食だったり、インスタント食品ばかりだと冷え性になったり卵巣に悪影響を与えることになりかねないので旬モノをを取り入れたり、栄養のバランスを考えたりなど少しずつでかまいませんので改善していきましょう!!

喫煙している


妊活をはじめるのであれば、できればタバコはやめるようにしましょう!というのもタバコにはニコチンが含まれていて、そのニコチンが血管を収縮してしまい、血行がわるくなり、排卵障害や卵子の発育不全になってしまいますし、喫煙者の赤ちゃんは低体重で生まれてくる確率も高いので少しずつタバコをやめるようにしましょう!!

生活習慣見直しのまとめ

いかがでしたか?今回は”生活習慣見直して妊娠率UP”をご紹介しました!
意外と”え?こんなのもいけないの?”というものもあるのではないでしょうか?でも、一気に生活習慣を直すとなるとうまくいかなくてそれが余計ストレスになってしまいますので、できることから少しずつやることが大事だと思います。無理なく妊活を進めてくださいね!!